仕事と介護の両立支援とワーク・ライフ・バランス

 政府が、「介護離職ゼロ」を掲げ、介護施設の増加や介護従事者の処遇改善等取り組みが進む一方、介護を理由に仕事を辞める人は年間約10万人にものぼり、年々増加しています。

介護に関する制度はあるのに、なぜ離職してしまうのでしょうか。

答えは、「介護に関する制度を整えるだけでは不十分だから」です。

また、介護離職のリスクが高いのは、経験とキャリアを重ねた熟練社員や管理職などの中核人材であり、中核人材の流出は企業にとって⼤きな損失です。

ワーク・ライフ・バランスの推進と多様な働き方が求められる今、介護の面から企業が取り組むべきことは何か。

本セミナーでは、これから迎える⼤介護時代に向けて、企業として整えるべき環境整備や、従業員への支援の在り方についてお伝えします。

※本セミナーは終了いたしました。

講 師

⻑崎⼤学ダイバーシティ推進センター
介護コンシェルジュ
内野 睦美 氏

介護福祉士、介護支援専門員の資格を持つ。訪問介護の事業所にて、自宅で生活している高齢者や障がいのある方の介護やサービス提供責任者として10年間勤務。2015年より現職。

学内の介護に関する実態調査の結果から、教職員や学生の介護に関する相談業務や支援制度の整備、仕事と介護の両立セミナー等介護に関わる取組を進めている。

日 時

2021年2月25日(木) 14:00~15:30

受講方法

@ZOOMミーティング
 ※ブレークアウトセッションがございます。
可能な限りお顔を映してのご参加をお願いします。

対 象

経営者、管理職、人事・ダイバーシ ティ・ワークライフバランス推進等ご担当者

内 容

  1. ・超高齢社会と介護離職の現状
  2. ・両立支援のために必要な考え方
  3. ・企業における環境整備の進め方
  4. ・自社社員の状況把握の必要性
  5. ・活用できる助成金

定 員

30名

受講料

無  料

申込方法

下記の「申し込む」より必要事項をご入力の上、お申し込みください


リーフレットのダウンロードはこちらからどうぞ

※本セミナーは終了いたしました。

受託企業:株式会社ビジネスリファイン

※セミナー開催の3日前を目安にzoomの接続情報をお送りします。

※ご希望の方には事前にzoomの動作確認・接続テストサポートを行います。
 詳細は、zoomの接続情報をお送りする際に合わせてお知らせします。